汗じみ、後悔先に立たず!着物のお手入れ

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

9月も終わると、夏、単衣着物が終わり明日から袷の着物になります。

とは言っても、この暑さよっぽど、季節に合わせて決まりの着用をしなければならない場合以外は

まだ単衣でもいいかと思います。

茶道のお稽古場でも、先生からお許しがあったくらいです。

熱中症で倒れたら元も子もないのでもう少し単衣を着ていくのですが、

特に、シーズンオフに夏着物はお手入れが必須です。

特に、汗はしっかり、抜いておかないとシミになったり、後々、汗の跡が変色するということがあります。

私の経験ですが、久々に、竪絽の色無地、ブルーのを着ようと、箪笥から出すと

背中の帯枕とウエストの腰紐の位置がワジミのように黄色く変色していていました⁉️

ひと夏二回着て、汗をびっしょりかいたので、しまう前に丸洗いして全体の着用汚れを取って

汗抜きも一回では落ちないと言われ二回もしてもらい、2回分汗抜き代払っていたのに残念です((+_+))。

結局、変色は元に戻せないので、一旦、色抜きをして白に戻し、好みの色に染め直しました。

新品同様、仕立て代もかかり散々でした‼️

どこへ、この無念を晴らすせばいいのか!こんな経験は二度としたくありません。

お手入れした後、長い間たとうしに入れてタンスにしまっていただけです。

覚えていない位だいぶ前なので、洗いに出した呉服屋さんに今更言い難くあきらめました。 

着物はしまいっぱなしにせず、着なくても時々出してチェックしてくださいね!

特に薄い色は取れている汚れでも浮いてきたり、着ていないのにしみが浮いてきたりします。

絹は生きていると聞きます。タンパク質からできているので長年の湿気などで成分が変わってしみになるようです。

たとうしに洗った年月日をかいておくと、何か問題が発生した時の経過の目安になっていいと思います。
洗い屋さんに聞くときも具体的に教えてもらいやすいです。

でも、中々、着る時まで出さないですよね。

夏物は丸一年はしまいっぱなしですよね、普通は

なので、汗をかいたらすぐに信頼のおける悉皆屋さんにお手入れ出すしか無いのでしょうかね。

一夏に二回着ただけで大汗、そして、開けてびっくり違う大汗(-_-;)

くれぐれも気を付けてください。

これが、その染め直し仕立て直しのきものです。

染める前の汗じみの動画は悉皆屋さんが上げています。

絽目が縦に入った透ける夏着物

出来上がりまで2ヶ月、わくわく、どきどき待ってました。

2センチ角くらいの小さな色見本から選んだのでもう少し暗めのラベンダーカラーのつもりが・・・

出来上がりを見て、即、失敗!と思いきや

結構、評判よくて、胸をなでおろしてます((^_-)-☆

染め直しはおっかなびっくりなところ満載、費用もかかるし

そのこと自体はデメリットだけど、汗じみの着物がまた、年相応の着物に生まれ変わって

新たな自分を発見でき、捨てない始末

私には腑に落ちる選択肢です。

新しく着物を作るより、タンスの着物を循環できれば嬉しいですし、断然お得になります!

この記事が参考になれば嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

着付け教室も開校しています。お問い合わせもお待ちしております。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次