【着付け上達】帯枕の種類別用途と間違った使い方と正しい使い方のコツ

帯枕の使い方を間違えると大変なことになります。

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

みね子

いろんな形があるけどよくわからないし、帯枕なんてどれも一緒でしょ⁉

どれを使うか分からず、お困りの方はいませんか?

「帯枕」適材適所がありないがしろにすると着付けの上達速度や楽に綺麗に装うことに大きな差が出ます。

そこで今回は「着物歴30数年、世界中の老若男女問わず3000人以上の着付けを手掛けたブログ管理人」

帯枕の間違った使い方、正しい使い方とコツについて解説します。

この記事を読めば着付けの上達が早まり楽に綺麗に着られる具体的な方法が分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事はこんな人にオオススメ

  • お太鼓の山がきれいにならず困っている人
  • 枕の紐が緩んでんでしまう人
  • 帯が楽にきれいに結べる方法が知りたい人

この記事の結論

  • おにぎりのような三角型の帯枕は振袖用
  • お太鼓結びには横長タイプの帯枕を使う
  • 銀座結びには銀座結び専用帯枕か腰紐を使う
  • 間違った使い方をすると帯結びが綺麗に仕上がらない原因になる
  • 正しく使うと楽に綺麗に仕上がる
  • 胸元が苦しくなく、帯の仕上がりを綺麗にするには、枕の紐はガーゼか伸縮性のある枕専用ひもを使う
  • ストッキングタイプの紐は締めても緩みやすく苦しい
  • 胸元らくらく枕ひも(たかはしきもの工房)は手持ちの枕にかぶせて使えるのでコスパ的にも良い
  • 帯結びが余計な手間なく決まると着付けの全体のスピードが早まる
スポンサーリンク
目次

【帯枕の種類】

大きく用途別に分けて振袖用、留袖や紋付色無地、訪問着用、小紋紬用、銀座結び用の4種類あります。

  1. 振袖用     変化結びがし易いようにおにぎり型で縦に長い
  2. 留袖や紋付色無地、訪問着用  一般的な横長タイプで比べると大きいもの(大きめにお太鼓を作るため)
  3. 小紋、紬用   こちらも横長ですが比べると小さめ(2に比べてお太鼓が小さいので)
  4. 銀座結び用   薄く小ぶりの銀座結び専用か腰紐

着付け師は横長タイプで振袖も対応できますが、初心者や自分の着付けができるくらいの人は基本的に上記の用途別をお勧めします。年代が上がると帯枕も小さくします。

どの帯枕でも枕にかぶせてある紐はガーゼか伸縮性のある枕紐に替えないと胸元が苦しいす。

ストッキングタイプはきつく締めても緩みやすく苦しいのでお勧めしません。

便利なガーゼや伸縮タイプはお手持ちの帯枕にかぶせてください

たかはしきもの工房の胸元ラクラク枕紐もお勧めです。

【帯枕の種類別用途】

振袖用(ハマグリ型)

  • 羽根をたくさん作れ変わり結びがしやすい三角おにぎり形で
    羽根を幅広く抑えられ振袖に必須の帯が高くなり出来上がりも綺麗になります。
  • この帯枕は羽根がはさみやすく、帯が高くなるので振袖の帯結びには便利です。
  • 上記のハマグリ型はお太鼓結びには帯山が高くなり使えません。
    横長帯枕しかない場合でも小ぶりなら使えますが、たくさんの羽根を抑えずらいし、高さを出すにはそれなりの技量がいります。

留袖、紋付色無地、訪問着用(礼装、正装用)

  • 礼装、正装用は横長タイプの大き目の帯枕(年代が上がると枕も小さくします)
  • 二重太鼓帯結びには横幅が長い方が二重にたれをかぶせるときに帯と枕が端までしっかりとつかめ枕がずれにくい

小紋、紬用

  • 横長タイプでやや小ぶり
  • 小紋や紬のカジュアルな着物はお太鼓を小ぶりにするとバランスが良い

着付け教室では振袖用のおにぎり型の帯枕で小紋の名古屋帯のお稽古をして苦労されてる方もいらっしゃいます

初心者さんなのでお家にあるものをもって来られているのでしょが、返って回り道をすることになり時間がもったいないです。

銀座結び用(訪問着やカジュアルな着物に結びます)

  • 銀座結び専用の薄く幅が狭い帯枕
  • 腰紐でも可能

たかはしきもの工房の銀座結びにちょこっと帯枕もお勧めです。

【正しい使い方とコツ】

大人気の帯枕を使って名古屋帯で一重太鼓を結んだ時の思わぬアクシデントについてお伝えします

私が着付けを習って最初に使いはじめた帯枕は下の一般的な帯枕です。

一般的な横長タイプんの帯枕

ずっと、袷の時期はこの帯枕を使い、夏は、通気性があるへちまの帯枕を使っています。

ある時、多くの生徒さんにリピートされていると聞き

たかはしきもの工房の帯枕「空芯才DX」購入しました。

ネットに入れて丸洗でき、クッション性があり背中のあたりが柔らかく、

お太鼓の形がしっかりと作れる新素材の帯枕です。

なるべく、物を増やしたくない気持ちもあるものの、洗えることとクッション性に惹かれ購入。

詳細はこちらの雑誌に掲載されています。

ところが、期待して使い始めましたが、帯山に皺が入ります。

枕がたわんで帯山にしわが寄っています

帰宅後帯を着物ハンガーにかけた時、帯山の縦じわが気になったものの、たたんで収納しました。

何度か他の帯でも試しましたが、やはり帯山に皺が出ます。

どうも原因は、長すぎて真ん中でたわんでそこにしわが寄るということです。

悲しいですが、年令とともに、背中も丸くなっています。

もたれても柔らかく枕の紐もストレッチが効いて胸元も楽なので使えないのはとても残念です。

私の使い方が問題なのか、どう対処すれば良いのかをたかはしきもの工房のアドバイザーさんに尋ねしました。

帯枕の紐は前にまっすぐ引っ張るのではなく斜め下に引いて枕をカーブさせないようにと教えていただきました。

その後はアドバイス通りに使い、しっかりと背中につき、便利に使っています。

珍しい枕の紐黒バージョンも人気があり、YouTubeで自社製品の検証もされています。

メーカーさんの新開発の努力で着付け小物も日々進化しています。

着物をもっと楽に綺麗に着られるように助けてくれます。

便利小物はこちらを参考になさってください。

情報収集しながら、試していこうと思います。

着付けの上達を助けるものは使い、コスパ良く、きものライフを楽しみましょう。

【まとめ】

  • 帯枕は振袖用の三角型とお太鼓結び用の横長タイプの2種類あります。
  • 銀座結びには銀座結び専用枕か腰ひもを使います。
  • 帯枕の紐はガーゼか伸縮性のある枕専用の紐を使ってください。
  • 枕専用の紐にすると、胸元が苦しくならずに背中にフィットし、お太鼓の仕上がりが綺麗になります。
  • ストッキングタイプの紐は緩みやすく苦しいので、ガーゼか帯枕専用紐に取り替えてください。
  • 胸元らくらく枕ひも(たかはしきもの工房)はお使いの枕にかぶせて使えるので、便利です。
  • 便利な着付け道具は取り入れる価値あり、時短や上達に役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が参考になれば嬉しいです。

着付け教室も開校しています。お問い合わせお待ちしております。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次