60代、これからどんな着物を買うのが良いの!?

質問者さん

『これから、着物を買う場合どんな着物を買っていったらいいの?
年令にあわせて楽しみたいと思うけどあまり増やしたくないのよね〜!』

最近、着物を楽しもうとしている60代の知人に聞かれました。
着物人生設計をきちんとしているのとしていないのとでは大きな差が出ます。趣味と言えども無駄なく賢く楽しみたいですね。

こんなお悩みお持ちの方はいらっしゃいませんか?

ふじこ

60代じゃない私たちにも参考になりそう!
ただでさえ高価な着物で損をしたくないもの。

ふじこさん、賢く揃えていけば、浮いた予算をお手入れや維持の費用に投入できるし、良いループで着物を楽しめるわ(*^^*)

私も、早くこのことに行きついてたらよかったのに…(~_~;)
でも、過去の経験が皆さんのお役に立てたらいいわね。

みね子

ハードルが高そうね〜。うまく理解できるかしら?

みね子さん、そうよね!着物はあればあるだけ手間がかかるからね!
これからは最小限の物を上手に組み合わせていけば良いのよ。
考え方として『ここっを抑えれば大丈夫!』をお伝えするからね。

スポンサーリンク
目次

60代になって買うべき着物

60代に着物を買いたい人向けの記事です。ですが、これから着物をコスパよく揃えたい若い人も知っておいて損はありません。

無理に買う必要はありませんが迷われている人は参考になさってください。

結論:単衣のお召(無地)です

単衣のお召にオールシーズン帯で9月の装いです。羽織も単衣のお召で誂えました。

お召とは

  • お召とは、御召縮緬(おめしちりめん)を省略したものです。先に糸を染め織っていきます。紬や木綿と同じ織の着物です。
  • 「織り」の着物の中でも最も高級とされ、光沢と上品なシャリ感があります。
  • お召は、織の着物の中で一番格が上で、柄ゆき(無地、縞、小紋など)によってTPOが決まると言えます。
  • 観劇や食事会お稽古などに幅広く活躍でき、紋をつけたり格上の帯を合せることでパーティーなどのよそゆきなどにも着ていけます。
  • お召のコーディネートとしては、礼装用のお召には礼装用の帯、普段着用には普段着用の帯を合わせます。

その理由:一枚でTPOの対応幅が大きい。

単衣のお召(無地)

  1. 着る時期が長く、
  2. 着ていける場所が多い、
  3. 着付けがし易い、
  4. 買いやすい価格帯。

では、詳しく説明します。

前提として正式な場所や時期はそのルールに従って下さい。

メリット

着る時期が長いについて

  • 無地のお召で透け感が少ない着物は単衣の時期はもちろん、夏着物としても着用可能です。
  • 温暖化でゴールデンウィークでも真夏のような暑さです。正装限定(結婚式、公のパーティーや式事)でなければ、着用可能です。
  • 下に袷の襦袢から夏襦袢まで着ることが出来るので自分の体感温度に合わせて調節できます。
  • 実際、透け感の少ない単衣お召に単衣襦袢で出かけても何ら問題はありません。結構、その組み合わせをしています。

着ていける場所、場面が多いについて

  • 無地で格調高い地紋を選べば準礼装の色無地や訪問着レベルとしても着用できる。
  • 落ち着いた色合いは洋服の中に入っても悪目立ちせず浮かない。
  • 名古屋帯、半幅帯でカジュアルシーン、洒落袋帯で準礼装まで多様に対応できる。
  • 無地なのでカジュアルにインナーにタートルネックなど襦袢以外を合わせたり、ブーツを履いたりして着崩し着物も楽しめる。

着付けし易いについて

  • お召は生地にある程度の張りがあり着付けがしやすい。
  • お召は織の着物ですが、染の着物の柔らかさもあるので落ち感が出て着姿が決まる。
  • 染めの着物に比べるとつるつる滑らないので着付けがしやすい。
  • 着付けた後も着崩れしにくい。

着付けし易さについては実際経験してみないと分からないかもしれませんが、着付け教室の初心者さんにお召をお勧めしている点である程度は、証明されていると思います。

前述の単衣のお召とは別の単衣のお召に同じオールシーズン帯を締めた6月の装いです。
このお召は織柄が変わっていて着物の脇や衽線で柄合わせをして仕立ててもらったので附下としても着られます。

最も重要な買いやすい価格帯

  • 特別に凝った反物を選ばない限り手が出やすい価格帯です。
  • 上記の3点のメリットを鑑みて小紋よりもコスパが良いです。
  • 紬も着付けしやすい着物ですが、種類が多すぎ、価格も高価なものが多く判断がしにくいです。
  • 無地のお召を選べば帯合わせの範囲が広いので、出番が多くなり一回使用当たりの価格が小さくなります。
  • 着物自体が強い主張をしないので何回も帯揚げや帯締めを替えて着られ一回使用当たりの価格が小さくなります。
  • 無地のお召しは洋服の中に入っても悪目立ちしにくく、小紋、紬と比べ出番が多くなり一回使用当たりの価格が小さくなります。
  • お召は高価だからと言って着物の価値が高いとは限らない。自分に似合い、見た目が良く、価格で納得したら失敗がない着物と言えます。

単衣の”結城縮”(紬)ですが上のお召の10倍の価格です。軽くて柔らかく着ていて体に馴染んで、充分価値はありますが、着ていけるところはカジュアルシーンのみです。

デメリット

防ぐことができるデメリット

  • お召は雨に弱く縮みやすいので、購入する時には必ず、対策(ガード加工をほどこせば縮まないか)を販売員に確認することです。
  • しっかりした生地の反面、少し厚手になり仕立ての重なり部分が嵩張ります。(実感としては気にならない程度です)
  • 織なのでひっかけたり、擦れたりすると糸が出やすい。(多少は直せます。経験あり(~_~;))
  • 織なのでしっかりした生地で超薄物着物に比べたら少し重く感じるかもしれません。ただし、単衣なので知れています。

ふじこさん、みね子さん、デメリットはお召に限らず着物全般に言えることよ。自分の許容範囲で考えてね。

ふじこ

お召ってあまりなじみがなかったけど、扱いやすそうね。

みね子

みつ子さんの説明で少しは理解できそうだけど、そんな着物が箪笥にあるかしら・・・でも、なぜ、単衣なの?

みね子さん、いいところに気づいたわね。
基本的には単衣の季節は6月と9月なんだけど温暖化で単衣の着物の時期が長くなってきてるのよ。
茶道の裏千家さんももう5月から単衣にしましょうですし!
ウィンドショッピングでいろんな無地のお召を見て知識を広めておくことが大事よ。

実例紹介

透け感の少ない夏お召に夏名古屋帯

カジュアルなシーンから少し改まった席まで。6月〜8月の装いです。
このお召は無地に近い天目染めという染が入っていて織地もくせがなく帯合わせによってお悔やみにも使えます。

上のお召織り柄入ではオールシーズン名古屋帯で2023年7月の旅行に行きました。シワになりにくいのがありがたいです。
メーカーさん曰く、このお召しは真冬以外は着用可能と。4月に着て着用感をお伝えしたいと思います。

2024年4月に着て見た結果、見た目の違和感なくお召の単衣着物は4月から一番長く着用できる着物だと実感できました。 10月にも着てみて記事を追加します。

ただ、4月には朝晩ひんやりする気候なので袷の羽織を着ると安心です。

上の写真のお召は地模様が『華輝祥環文』と言う吉祥文様なので袋帯を合わせると準フォーマルにも使えます。
薄い色の方が色んなシーンに着用できます。

おすすめはこちら

地紋も色目も上品な透け感の少ない夏お召は重宝です。

着物地も進化してワタマサタマサさんの洗える正絹のお召(透け感のない単衣お召)も『大大阪キモノめーかんえぽっく2024年』にて知りました!
江戸小紋のような無地感で帯合わせが何通りもできフォーマルからカジュアルまで対応可能!
実際に着てみていいないのでおすすめできませんんが、興味深いです。価格も納得できる範囲内でした。
もっと早く出会いたかったです(^_^;)
気になる方は”あずまや”さんやワタマサさんを検索してみてください。(回し者ではありません)

http://watamasa04 ワタマサタマサさんのHP

まとめ

着物歴30数年の着付け講師みつ子が気づいた結論

60代に買うべきは単衣の無地お召です。

個人の実体験ですが、着付け教室で最初に揃えるならお召の単衣着物を提案しています。
有名なお召のメーカーさん曰く、着物で毎日お仕事される京都の女将さん達にも人気だそうです。帯合わせしやすい、着やすい、お値段の割に見栄えが良いなどが大きな理由だそうです。

やはり、60代になって新調するのは単衣の無地お召です。この記事の写真のような透け感のない夏お召ならなお、着用期間が長いです。

その理由

  1. 訪問着など着付けが難しい着物は必要な時以外着ません。60代になって新調するのはもったいないです。
  2. 週3回程度着ている私が一番手が伸びるのがお召で、着付けもコーディネートも容易で準備の時短になります。
  3. 作家者やブランド物など凝ったものでなければ、値段の割に見栄えが良いです。
  4. 着用時期が長く、帯合わせでTPOも幅広くカバーできます。
  5. シャリ感があり着付けし易く着崩れもしにくいです。
  6. 名古屋帯、半幅帯でカジュアルシーン、洒落袋帯で準フォーマルまで多様に対応可能です。
  7. 模様がある小紋や紬より飽きずに長く着用できます。
  8. 最近は洋服調の彩度の低い色目が主流で洋服に混ざっても悪目立ちしにくいです。
  9. 染のように季節限定柄(桜、菊、あやめ、紅葉など)がないのでを時期を気にしなくても良いです。
  10. 仕事着にも遊び着にもコーディネート次第で対応可能です。
  11. リサイクルショップで探すよりマイサイズで年相応の色味を一着、納得の価格で誂えるのが得策です。

多くを持たず、上手にコスパが良い着物ライフを楽しもうとする方には単衣の無地お召は断然お勧めです。

質問者さん

確かに、一着作るなら、お召の単衣着物が良さそうね。
そして、進化した洗える正絹のお召は汚れることを気にせず着られるので面倒なお手入れや費用も浮き一石二鳥!
私が買うべき着物がみえてきたわ〜。

みつ子

着付けに限らずお手入れや維持の手間、歳を重ねると否が応でも面倒なことは避けたくなります。
無地お召にオールシーズン帯、今の時代の良さを取り入れて楽にコスパよく着物ライフを楽しみたいですね。

ふじこ

着物を買おうとしている若い方にもお召のコスパ良さはあてはまるわ!
帯次第で年令幅が大きいのは有り難いわ〜。

みつ子

ふじこさん、そうね。
若い人もドレスでなく着物で友人の結婚式や披露宴に出席できればコスパ良いかもね。そんなときには無地お召に華やかな洒落袋帯、パールの帯留めでエレガントな雰囲気を演出して上品に決めたいわね。

淡い色合いのお召に控えめな刺繍や柄の帯を合わせば年令にふさわしい上品な印象を与えます。60代の人が着物をコーディネートする際は落ち着いた色合いや上品な地模様のお召の単衣着物にオールシーズン洒落袋帯を選ぶのが賢明です。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が参考になれば嬉しいです。

着付け教室も開校しています。ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次