70代、年齢による着物のお悩みコントロール法

質問者さん

年を取り同じ着物と帯なのに衿もとが詰まったり
帯が上に上がって帯揚げが見えなくなってしまいます。
以前のように着姿が決まりません。
もう、着物を諦めるしかないのでしょうか?
年をとっても楽に着物を楽しみたいのです。なにか良い方法はありませんか?

みつ子

質問者さんのように、こんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
もう、着物は諦めるなんて勿体無いです!
確かに背が縮んだり背中が丸まってきたなど悲しい現実です。
70歳になって同様に感じた管理人みつ子がお悩みをコントロールして着物を楽しむ方法をお伝えします。

スポンサーリンク
目次

結論

着物は体型を隠す効果があり年輩の方にとっては、かえって良い選択肢です。
年令を問わず品格がアップし、着ているだけで会話が弾んだり洋服にはない自己表現も楽しめます。
そんな有り難い着物を諦めるなんて勿体ない!
70代だからこその着物を楽しみましょう!

  1. 着ていて体に楽な着心地を優先する
  2. 便利なグッズはどんどん使う
  3. 体型の変化に逆らわない

年を取ったら楽にきものを楽む

着付け道具や補正をパターン化面倒なことは極力避ける

  1. 着物肌着がなくても襟ぐりの空いたシャツやスパッツを肌着の代わりしてOK
  2. 自分にあった補正グッズをパターン化して決めておく(これをつければOKを作っておく)
  3. 便利な着付けグッズを利用して手順を少なくする
みつ子

私も
1.寒い時期はユニクロのブラトップと着物用スパッツの上に襦袢を着る(袷の時はブラトップ、単衣夏はくノ一麻子)
2.以外にもブラトップが胸元補正に、”満点腰スッキリパッドスキニーとインナーメッシュT字型のセット”がウエスト補正
3.コーリン和装じめで着物の衿元と胸もとを一本で留める
身につける物の数を減らすことで手間も省け体も身軽になり負担が減ります。

着姿に対するマインドを変える

  1. いつまでも若いときのの着姿を引きずらない
  2. 着姿を気にせず着心地重視!・・・人は自分が思うほど着姿を気にかけていない
  3. 少々派手でも着てしまおう・・・地味な着物は年齢をもっと上げてしまう!
  4. YouTubeチャンネルでいろんな着物との付き合い方を見て固定観念をなくそう
みつ子

1.着姿は完璧を目指さず80%で良いと割り切る
2.補正なしも試してみて不要な補正はなるべく省く
3.昔の派手な着物を着たら地味めな年相応の帯を締めて楽む
4.YouTubeチャンネルの高年齢から若い世代の3人で配信されている『京都きものTV』はきちんとした知識も着崩したおしゃれも学べ有益

高品質なシルク素材や美しい色柄は、高年齢の失われがちな華やかさを補ってくれます。姉の40年前の嫁入り支度の着物でも帯留や現代的な帯の合わせ方で69歳(2023年)の私でもなんとか!?着られました(^_^;)

3つのお悩みコントロール法

みつ子

とはいえ、お悩みは取り除きたいですよね。
試してみるのは大事です。

1️⃣着物の衿が詰まってくる

原因は着物の胸幅寸法が大きいのかも!?

寸法直しも中々費用もかかるので着方で対処したいですね。

対処法
  1. 胸の補正をしっかり入れボリュームを出す(袷の時はブラトップ、単衣夏はくノ一麻子がおすすめ)
  2. 着物の衿合わせを浅めにし、バストの被り具合を左右対称にする。
  3. 着物にコーリンベルトを使うのをやめる(程よい長さが見極めにくくきつすぎると詰まる原因になるので)

上手くいかなかったら

  • 便利な半襟付けテープで簡単に取り替え可愛いリボンなどの半衿をあえて多めに出して楽しむ
  • 洗い張りなどの機会に可能なら今の寸法に変える
  • つるつるすべらない着物を着る
  • こだわらず着る(^_^;)
みつ子

レースの半衿や刺繍の半襟、着物の端切れは白衿の上に重ねてつけましす。半襟付けテープは面倒な縫い付け不要で色々試せ時短になります。

半衿付けテープでき楽っくの衿にもこんなレースのりぼんも簡単に付けられて超便利です。

縫い付けるのはとても難しいです。位置が確認でき張り替える事もできテープも所々で大丈夫です。

2️⃣帯が上がって来て帯揚げが隠れてしまう

体型がかわっているので仕方がないのかも!?

対処法
  1. 帯板をいつもより低めにつける
  2. 帯を前下がりに巻く
  3. 帯は下線を締める上線は緩めに巻く

試してできなかったら

  • 隠れたら出せば良い
  • 帯揚げをあまり入れ込まない
  • 帯揚のいらない帯結びにする
  • 気にしない(^_^;)
みつ子

体型の変化は変えられません。帯はいつもより低めを意識して締め、
帯揚が隠れたらその都度出すくらいで充分と考えます。

補正に関するビフォーアフターや体型別の実例が豊富です。

雑誌をみると着付けも進化しています。時々見直し良いと思ったものは取り入れましょう。

3️⃣楽に着物を楽しみたい

着付けは下準備をしっかりしてから始める

  1. 短時間で着付けられるように着付け小物、着物、帯、襦袢をあらかじめセットして始める
  2. テーブルや椅子などを利用してしゃがまないで取れるようにしておく
  3. 姿見をみながら基本に立ち返ってゆっくり丁寧に着付けをする
  4. 背中心や帯の後ろ姿は振り向かずあわせ鏡で確認する
みつ子

面倒でも下準備は大切です。
コーディネートまで決めておくと楽に早く着付けができます。
帯揚や帯締めは念の為、2~3点用意します。

  • 結局のところ、ひと手ひと手、丁寧に基本に立ち返って着付けをすることが近道
  • 着物、襦袢、帯、帯板、伊達締め、腰ひも、帯揚や帯締め、バッグ、草履など出して下準備をしておく
  • コーディネートも決めておくと動き回らず着付けができる

帯結びでお悩み解消

カジュアル着物なら楽な帯結びにします。

みつ子

斎藤丈太郎さんのYouTubeチャンネル、
独特の銀座結びで背中が楽そうなので取り入れてみました。

帯枕なしの背中ゆったり帯結び

銀座結び

  • 帯枕の代わりに腰紐で背中をゆったり開放する
  • 多少大きくても小さくてもお太鼓の大きさにきまりがない
  • まるぐけ帯締めを使うと帯締めがしっかり止まって動かない

帯枕無しで背中が楽チンな銀座結びです。

しっかり締まってずれない、まるぐけ帯締めを活用。

気軽な半幅帯結び

  • 前で結べる
  • 帯締め帯揚げなしの楽な帯結びができる
  • 半幅帯でお太鼓風のきちんと感の帯結びもできる
  • 結ばないで巻いてはささむだけの帯結びで寝っ転がれる(^_^;)
みつ子

袷の半幅帯も博多紗献上帯もかるた結びで結び目がゴロゴロ当たらないのが心地いい!
リボンパタパタ結びも前なら簡単に結べます。

まとめ

70代の着物のお悩みコントロール法

解決ではなくコントロールで上手く解消しましょう

  • 着付け便利小物を使って時短し体力をカバーする
  • 歳を重ねると着姿の変化は仕方ないと割り切る
  • 今までに着物はこうあるべきという考えを一つづつ外して身軽になる
  • 若い頃の帯をデニム着物や木綿着物にあわせカジュアル感をたのしむ
  • 着物を洋服感覚で着る
  • 同年代の着物友達と出かけてお悩み解決法を聞く
  • 着やすい種類の着物や帯にシフトしていく
みつ子

その齢なりの良さはあります!方法を試すとともに現状を受け入れて着物を楽しみましょう〜!


遠州木綿着物に半幅帯、ちょっと派手なピンクの帯留めで若い方に混じってMacBookの勉強会やイタリアンにお出かけしました。洗えるので汚れても気楽です。
長襦袢も足袋もなし、レースの襟がついた綿の半襦袢に裾よけの代わりにユニクロのリラコをはいてsousouの足袋ソックスに岩佐さんの畳表の下駄で開放感満載でした。

【関連記事】

おすすめYouTubeチャンネル・・・『京都きものTV』、JOTARO SAITO OFFICIAL CHANNEL

脊柱管狭窄症を患って腰痛に悩まされて来ましたが、着物を着ていると腰が楽です。
今年から気軽な綿着物を着て楽しもうと思います。
気楽な着物生活の第一歩として
令和6年にはじめて自分で綿着物を選びました。遠州木綿です。薄茶色に紺色のツイードのような点々が入っています。
木綿の心地よさは絹と違って体に馴染み着付けが楽に早くできます。簡単なかるた結びの半幅帯で軽やかに。

おちこちや 京木綿 乙で購入しました。https://www.ochicochiya.com/shop2/

最後までお読み頂き有難うございます。この記事が参考になれば嬉しいです。

着付け教室も開校しています。お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次